ばらずしで丹後をつなぐ会 京都「丹後・食の王国」

ばらずしで丹後をつなぐ会

『ばらずし』を丹後の郷土料理として伝承しつつ、地域内外へ発信する有志の会です。

ばらずしのストーリー

ハレの日を想う、家族幸せの味〜丹後ばらずしはコミュニケーション〜

丹後で一番身近なごちそう

 祭りの日になると家中に漂うあの香り…サバのおぼろを散らすこの独特の「丹後ばらずし」は、丹後人にとってハレの日の思い出とともに心に根付いた、故郷の味です。「今日はごっつぉうだあ」ばらずしを目の前にして口に出す「ごっつぉう」とは、丹後弁でご馳走のこと。丹後ばらずしは、家庭で食べる一番身近で豪華なご馳走です。

 戦前焼きサバを用いて作られ、保存食の役割も担っていた丹後ばらずしは、戦後まもなくサバの缶詰が使われるようになります。あまりにも多くのサバ缶を使うからか?大きいサイズのサバ缶が売られているのは丹後地方だけ。つまり、丹後ばらずしはこの地方だけの独特の味なのです。

絆の場所にばらずしがある

 もともと祭りの日に作られるすしでしたが、お正月やお盆、誰かの誕生日、親戚や友だちが集まる日などにも作られるようになり、その味が伝承されてきました。まつぶたと呼ばれる浅い木箱にたくさんのすしをつくり、それを木べらで切り出していく…たくさんの人がばらずしを目の前に、幸せな気持ちで語り合う姿が目に浮かびます。丹後ばらずしを作り食べるということは、家族や親戚、隣近所、そして地域をつなぐコミュニケーションそのものです。

丹後ばらずしって?

個性豊かな味とかたち

丹後ばらずしは、まつぶたと呼ばれる浅い木箱にすし飯を敷き、その上に甘辛く煮付けたサバのおぼろ、錦糸玉子、紅しょうが、かまぼこ、椎茸などを彩りよく散らします。できたすしを切り分けて食べるのが丹後独特のスタイルです。

丹後地方全域で一定の共通点はあるものの、その形状や味、具材は様々。四角形や円形、すし飯におぼろを挟んだ2段タイプもあれば、1段タイプもあり…ごぼうや筍、かんぴょうなど使われる具材も家々によって個性があります。

「丹後」といえば?美味しいものを食べに行くところ

古今・カテゴリーを問わず、丹後の歴史・文化・食材・技術が詰まった食のブランド。それが京都丹後・食の王国プロジェクト「丹後あじわい食」です。丹後の人がお薦めする「丹後ならではの食」を発掘し、豊かな自然と共に暮らしてきた丹後人のストーリーと共に発信。「丹後といえば、美味しいものを食べに行くところ!」のイメージ定着を目指して取り組んでいます。

丹後あじわい食

ばらずしで丹後をつなぐ会 概要

会の趣旨

丹後地域は海・里・山が育んだ良質で豊かな食材に恵まれています。

また、歴史・文化に培われた知恵により食材を生かす技術も大切に伝えられ、郷土料理として愛されてきました。

丹後地域が誇る郷土料理として代表的な『丹後ばらずし』。この『ばらずし』の魅力を再認識し、丹後の郷土料理として伝承しつつ、地域内外へ発信をしていくために集う有志の会を『ばらずしで丹後をつなぐ会』として、同じ志を持つ仲間が集い、次のような活動することとします。

活動例

京都府としての支援

効果的で円滑な会の活動が進むよう、府として次のような支援を行っていきたいと考えています。

☆活動内容等は、皆様のご意見をいただきながら今後検討していくこととします。

丹後ばらずし食べ歩きマップ 特設ページ

京都府丹後広域振興局 京都「丹後・食の王国」